Multiverse Core

マルチワールドプラグイン

概要

サーバーをマルチワールド化するためのプラグインです。

コマンド

コマンド 権限 概要
/mv list TSiM アクセス権のある全てのワールドのリストを表示します。
/mv [filter] [page] TSiM [filter] - 検索する文字列
[page] - ページ
アクセス権のあるMultiverseコマンドのヘルプを表示します。
/mv info TSiM 現在いるワールド、指定ワールドの情報を表示します。
/mv create <name> <env> [-s Seed値] [-g Generator[:ID]] [-t TYPE] [-a true|false] Admin <name> - ワールド名。引用符で囲むことでワールド名にスペースを使うこともできますが、あなたが賢明ならばエイリアス機能を使うべきでしょう。
<env> - ワールドのタイプ(NORMAL/NETHER/END)
[-s Seed値] - -s xxxxでシード値を指定することができます。
[-g Generator[:ID]] - カスタムワールドジェネレーターを使用してワールドを生成する際に使います。
[-t TYPE] - ワールドタイプの指定です。(FLAT/LARGEBIOMES/NORMAL)
[-a true|false] - 構造物を生成するか否か。
新しいワールドを生成します。
/mv import <name> <env> [Generator[:ID]] Admin <name> - ワールド名
<env> - ワールドタイプ
[Generator[:ID]] - ワールドジェネレーター
すでに存在するワールドをインポートします。コマンドのオプションの詳細はcreateとほぼ同じです。
/mv reload Admin Multiverse-Coreと公式のMultiversePluginの設定を再読込します。
/mv set spawn Moderator 現在いる世界のスポーン地点を設定します。/mv spawnコマンドでスポーン地点に移動できます。
/mv coord 現在の座標を表示します。
/mv tp [player] <world> TSiM [player] - プレイヤーID。指定しない場合自分。
プレイヤーを特定のワールドに移動させます。
/mv who [world|-a] 現在いるワールドを表示します。特定のワールドにいる人を見たい場合は、パラメーターとしてワールド名を、全てのワールドを見たい場合は-aを入力します。
/mv spawn [player] Moderator プレイヤーを現在のワールドのスポーン地点にテレポートさせます。このコマンドは対象プレイヤーに誰がその操作を行ったかを通告します。
/mv unload <world> Admin サーバーからワールドをアンロードします。これはMultiverseの設定から削除したり、ワールドフォルダーを削除することはありません。
/mv remove <world> Admin サーバーからワールドをアンロードし、Multiverseの設定から削除します。ワールドフォルダーを削除することはありません。
/mv delete <world> Admin サーバーからワールドを完全に削除します。このコマンドを完全に実行するためには、10秒以内に/mv confirmを入力する必要性があります。
/mv confirm Admin 要求されたアクションを確認します。
/mv purge [world|all] <all|animals|monsters|MOBNAME> Admin ワールドから指定したエンティティを削除します。
/mv modify set <property> <value> [world] Admin 設定ファイルを編集することなく、ワールド変数をゲーム内から変更することができます。(詳細)[https://github.com/Multiverse/Multiverse-Core/wiki/Command-Reference#modify-command-set]
/mv modify <add|remove> <value> <property> [world] Admin 設定ファイルを編集することなく、ワールド変数を追加/削除できます。詳細
/mv modify clear Admin たくさんの/mv modify removeコマンドを使わなくても、リスト全体をクリアすることができます。詳細
/mv gamerule <rule> <value> [world] Admin バニラのマインクラフトのゲームルールをワールドごとに設定できます。
/mv env Admin サーバーが知っているすべての有効な環境を表示します。
/mv silent [true|false] Admin いくつかの起動メッセージが非表示になります。
/mv sleep Admin 最後に眠ったベッドに移動します。このコマンドは現在Brokenです。(意訳)